歴史から学ぶ!失敗する3つの共通点とは?

こんにちは。

沖縄で販促・集客のコンサルタント として活動している豊平尚哉です。

 

本日のブログは、以前、某番組で「今でしょ!」で有名な林先生が話していた事を紹介したいと思います。

それは「歴史上で戦に負けた人物には3つの共通点がある」というお話でした。

 

その共通点とは

「思い込み」

「慢心」

「情報不足」

です。

 

この3つが揃った事により、戦に負けたと言うのです。

 

これを聞いてあなたは何を感じましたか?

「へ~、そうなんだ~」

で終わってしまったあなた!

他人事ではダメですよ。

 

これをあなたの事業や企画・広告など、ビジネスに置き換えてみましょう。

すると

「思い込み」⇒思い込みの事業や企画。(成功体験から生まれる物事や世間の常識など)

「慢心」⇒過去の栄光。(成功体験など)

「情報不足」⇒不足しているリスクを知る。

この様に捉えることが出来ます。

 

いかがでしょうか?

実はこれ、事業や企画、広告が失敗する要因の共通点と全く同じなのです。

 

私はこれまで多くの企画や広告に携わってきましたが、失敗するパターンは大体この3つの共通点が要因となっていました。

そしてその失敗する確率は、約9割と驚きの数字なのです。(インターネット調べ)

 

例えば10回、企画や広告を打っても1回しか成功しないのです。

逆を言うと10回やれば1回は当たるのね~と思った方もいるかもしれませんが全員が全員、10回やれば1回当たるとは限らないわけです。

むしろ人によっては20回やっても20回失敗する可能性だってあるわけです。

 

ではその9割の失敗を出来る限り減らすにはどうすればよいのか?

それは上記3つの失敗要因をクリアにすれば失敗の確率は減ります。

 

とはいえ、じゃあ実際にどうすればよいのか?

それは至ってシンプルです。

事業や企画、広告において、失敗の要因を減らすには

「顧客から学ぶ」

ことです。

顧客の声に耳を傾けてみてください。

しっかりと顧客の声に耳を傾け向き合えば、自らの「思い込み」「慢心」に気づき、「不足した情報」を補うことが出来ます。

あなたもぜひアイディアが生まれたら「顧客から学ぶ」ことを実践してみてくださいね。

 

なお、「A4」1枚アンケートを活用することで簡単に「顧客から学ぶ」ことができます。

「思い込み」の広告や企画をやる前にぜひ一度、顧客の声を集めてみてください。

断言します。必ず学べます!

ぜひ実践してみて下さいね。

ちなみに、先日のガイアの夜明けに出ていた
今話題のZOZOタウン前澤社長が終盤でおっしゃっていたことが心に残りました。

「今までの商品やサービスは企業主導で提供されてきた」

ガイアの夜明け「ZOZOの野望」より

 

 

「これからは70億人一人一人の意見が、あらゆる商品サービスに反映されないと」

ガイアの夜明け「ZOZOの野望」より

 

「物もサービスも売れない時代になっていく」

 

規模は違えど、顧客の意見を前澤社長の姿勢っていいな〜と思ったとさ。

 

今日はここまで。

販促・集客コンサルタント

豊平尚哉でした。

The following two tabs change content below.
豊平尚哉
フィードバックドリブンLLC代表。予測データと違い「顧客」から得られるフィードバックを歯車に企業の成長戦略や販促戦略を支援するコンサルタント、経営戦略パートナー。コストをかけずに広告の反響を上げる専門家。「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー|一般社団法人日本セールスプロモーション協会認定広告レスポンス改善アドバイザー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA