「強い人は常に準備をしている」販促とキックボクシングから学べること

Peggy_Marco / Pixabay

あまりにもかけ離れたタイトルで、パッと見た人は「え?」と思うかもしれません。ですが、これに限らず「極めた人」をじっくりと見てみると共通点があるので、少しだけお付き合いください。

結論からお伝えすると
「強い人は、いつでもチャンスを逃さないようにしっかりと準備をしている」
という事です。

Peggy_Marco / Pixabay

どういう事かというと、販促(集客)に強い人(極めている人)は日頃から情報発信という集客の下準備をしています。セミナー講師として呼ばれる時や自分自身のセミナー集客、自社サービスの集客など、いざとなる時に効力を発揮できるようしっかりと情報を発信するという「練習」をしています。

一方、キックボクサーはというと、いつマッチメイクが行われても「いつでも試合に出れ、ベストなパフォーマンスが出来るよう」に日々練習を行ってます。並大抵の練習ではなく、一日ぐったりする以上の練習です。
私が通うY’ZD豊見城ジムのトップ選手である島田選手は、長年の経験もありながらもタイトルマッチにかける練習を行ってます。
「まだ追い込むの?」と不安になるぐらい、すごい勢いで追い込んでいきます(見てるこっちも辛くなるぐらい追い込みかたはハンパじゃないです)。

そこから見えてくるのは、極めている人、極めようとしている人は「チャンスを逃さないようにしっかりと準備(努力)をしている」ということ。

業界は違えど、上を目指す人は「常にやっている」のです。

私の周りでも「集客で悩んでいる」という方は多くいらっしゃいます。そんな方は少しだけ振り返ってみてください。

あなたは一日にどんな集客活動を行ってますか?
また、それはどのぐらいの時間を割いてますか?
当然ながら時間よりも質だと思うのですが、質を上げるためにどんな工夫をされてますか?

私自身とはいうと、1日あたり最低でも1時間は情報発信をしています。これで十分だとこれっぽっちも思ってませんが、質や量を上げるための工夫は日々改善しながら進めています。

というのも、私の理想(希望)は週に1回はセミナーや企業研修を行いたい。その為に日々情報発信を行いながらチャンスを伺ってます。

 

集客で苦労するのは当然だと思います。キックボクサーもチャンピオンになるのは並大抵の努力ではあり得ませんし。

ただ一つだけ言えるのは
「(◯◯に)強い人は、常に準備をしており、日々努力をしている」
ということ。

コツを知っても集客には繋がりません。日々の発信です。
コツを知ってもチャンピオンにはなりません。日々の練習です。

あなたは昨日よりも今日は努力しましたか?

強くなるには、そこが大事かもしれませんね。

という自戒も込めて。

 

今日はここまで。
販促コンサルタントの豊平尚哉でした。

The following two tabs change content below.
豊平尚哉
フィードバックドリブンLLC代表。予測データと違い「顧客」から得られるフィードバックを歯車に企業の成長戦略や販促戦略を支援するコンサルタント、経営戦略パートナー。コストをかけずに広告の反響を上げる専門家。「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー|一般社団法人日本セールスプロモーション協会認定広告レスポンス改善アドバイザー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA